七夕祭り 短冊 笹 願い事 節句 おりひめ ひこぼし ソーメン

【 7/7(金)~/9(日) 七夕祭り 】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末は
胡座でも店頭に大きな笹を飾り
ご来店の皆様に
願い事を吊るして頂けるよう
短冊をご用意しております
※お子様向けではありますが
ちょっとしたプレゼントも♪

 

 

 

七夕とは・・・
「 七夕(しちせき)の節句 」
しちせきとも呼ばれる
古くから行われている日本の行事です
1年の中でも重要な
五節句のひとつなんです

その昔、日本の禊の行事として
乙女が着物を織って棚にそなえ、
神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり
人々のけがれをはらうというものでした。
選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、
川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって
神さまのために心をこめて着物を織ります。

そのときに使われたのが「棚機」(たなばた)という織り機だったそうです

 

 

 

おりひめとひこぼしのお話は
琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事、
鷲(わし)座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は

農業の仕事をつかさどる星と考えられていました。
この二つの星は旧暦7月7日に天の川をはさんで

最も光り輝いているように見えることから、中国で

この日を一年一度のめぐりあいの日と考え、七夕ストーリーが生まれました。

 

 

笹や竹に飾るのは
冬でも緑を保ち、
まっすぐ育つ生命力にあふれた 神聖な植物として
昔から不思議な力があると言われてきたことからだぞうです

 

 

そういったことから
おりひめひこぼしの2人のように
願いごとが叶うようにと
短冊に願いを込めて
笹や竹に飾るようになったようです

昔は習い事などの上達などが多く願われていたそうですが
今では色々な願いごとがされます
そして
8月のお盆の準備としても大事にされておりました

 

 

 

胡座も今年の8月14日で
open7周年となります!

たくさんのお客さまとスタッフ
そして
多くの仕入れ業者の方々の支えの中で
やってこれたことに
改めて感謝をしたいと思います

胡座のopen7周年特別期間
お盆の時期と重なりますので
毎年本当に大変混み合います
何卒
ご予約ご来店のご相談はお早めにお願い致します

 

今週末の「 七夕 」では
今年も半年が終わった中で
外食を通じてですが
残り半年を考える
ちょっとした機会として
楽しんで頂けましたら幸いです♪

ご予約受付
077-532-9368

コメントをどうぞ

ログインしてコメントを投稿してください。
初めての方はぜひユーザー登録してください。

xserver